阪急西宮北口駅

 

大手不動産情報サイトの関西で住みたい町5年連続でランキング1位に輝いたのは「西宮北口」です。阪急神戸線と今津線の接続駅である「西宮北口」は、大阪の中心地・梅田駅と神戸の中心地・三宮駅のほぼ中間に位置しており、梅田へは13分、神戸三宮までは14分、宝塚へも14分と非常に便利な駅。1日当たりの乗降客も9万9642人と梅田駅、神戸三宮駅に次ぐ阪急電鉄第3位のターミナル駅となっております。(2014年、阪急電鉄調べ)。

西宮北口駅の副駅名は「阪急西宮ガーデンズ前」と名付けられていて、西日本最大級のショッピングモール「阪急西宮ガーデンズ」と直結している。さらに、駅周辺は再開発によって便利で美しく、快適な街へと発展していることが人気の理由でしょう。

阪急西宮ガーデンズ」は、駅の南側に向かってペデストリアンデッキを歩くと、その姿を現します。阪急西宮スタジアムの跡地を再開発し、生活提案型ショッピングモールとして2008年に誕生した施設で「西宮阪急」と「イズミヤ」を核とした260を超える専門店、「TOHOシネマズ西宮OS」を備えたモールは世代を超えて多くの人を惹きつけ、西宮市外から訪れる人も多いです。2016年2月には「西宮阪急」がオープン以来の大型改装を行うなど、ショップのリニューアルも頻繁に行われ隣接地には甲南大学のキャンパスも新設されています。

駅の南西側、今津線をはさんだエリアでも再開発が進み、バスターミナルが整備されたほか、「兵庫県立芸術文化センター」が設けられ文化発信拠点として活用されています。同時に民間のタワーマンションやスポーツクラブなども建設され大きく変貌しました。

阪神・淡路大震災の被害が大きかった駅の北側も一変。高層住宅を併設した大型複合施設「アクタ西宮」が新設されたほか、近年では学習塾や予備校の集積も進んで、学びの街としての特色も強まってきております。

住宅街に目を向けると、今津線の線路をはさんだ駅の北西側に、西宮市の閑静な住宅街・西宮七園(甲東園、甲陽園・・・のように地名に園がつく)のひとつ「甲風園」がありまた、国道171号を越えて駅の北側から甲山(かぶとやま)に向かうエリアには、人気の高い一戸建て住宅地が広がり、近くには関西学院大学や神戸女学院大学のキャンパスも。こうした懐の広さも、西宮北口の人気の一因かもしれません。また、西宮市ではアサヒビール工場跡地の再開発計画が進むなど、今後の発展にも期待がよせられています。

PAGE TOP